プロミス 審査 職場・勤務先 在籍確認ない?

 

 

 

キャッシングする際プレッシャーや不安を感じるという方の声を多く聞きます。
キャッシングの審査結果を待つ時間は長く感じますし、勤務先に電話で在籍確認をされるときには、会社の人間に借金した事がばれないかとハラハラしますよね。
こんな時間を過ごすのはつらい…勤め先への在籍確認の電話はしないでほしい人も多くいるはずです。しかし、親しい人からお金を貸してと言われたら相手が本当に信用できるかどうかを見極めるのが当たり前のことではありませんか?
同様お金を貸す立場の金融機関にとって、会社の在籍確認は本人確認のためにも必須であることも事実です。
勤め先への連絡なしで、どうにかキャッシング審査に通過させてくれる金融機関はないものでしょうか。
今回は大手消費者金融のプロミスを例にあげ、キャッシング審査における会社在籍確認に関するお役立ち情報をご紹介しますね。

 

プロミスはどうやって会社への在籍確認を行いますか?

 

プロミスの公式HPを見ると記載されていますが、プロミスではお金を借りる人の勤め先である会社に電話をすることで在籍確認を行います。
ただし、本人のプライバシーを考慮した上で在籍確認をします。なので勤務先には、プロミスの担当スタッフが個人の名前で電話をし電話対応をした方にキャッシングの事実がばれる心配はありません。

 

また、勤務先への電話は必ず本人が出なくてはいけないのかというと、そんなこともありません。本人が電話に出ない場合でも、勤務先の在籍確認は可能です。
そのケースを説明しましょう。
会社の人が電話出た場合「○○はただいま営業に出ております」や「○○はただいま席を外しております」などの返答がもらえることになるでしょう。あなたが会社に在籍していることが確認できる返事ならOKです。
そのとき、プロミスのスタッフの対応は「また、改めてご連絡をします」と伝えて電話を切り、勤務先の在籍確認はこれで完了になります。もちろん、本当に再び電話をかけることなんてありませんので安心して大丈夫です!

 

 

会社への在籍確認の電話の流れとは

 

もし、プロミスと社名を名乗らなかったとしても、本人以外の人間に電話で話をされるのは気が進まないという人もいますよね。
その場合なら、プロミスのスタッフに電話をかける時間を指定させてもらいましょう。お金を借りる本人の事情もあるので、やむを得ない場合、時間の指定に応じてくれる場合があります。

 

でも、プロミスのスタッフに電話の時間を指定出来て待っていても、仕事中ですから急な用件が入ってしまい、電話に出られない場合もあるかもしれません。
このような場合に備え、本人以外の誰かが電話に出た際の言い訳を考えておくことで一切怪しまれることもないでしょう
たとえば、マンション経営の勧誘とか保険の営業の電話がかかってくると説明してみてはいかがでしょうか。会社に勤めている人にはよくあることですので、誰にも疑われることはないかと思います。
プロミスの電話を本人が取れた場合はもう安心ですね。
スタッフは「プロミスです。こちらの電話でお勤め先の在籍の確認ができました。審査結果は後ほどお伝えします」と短時間で用件だけが伝えられます。短い通話時間となり、会話も「はい」、「そうです」のような言葉しか使わなくて良いので、キャッシングにおける勤務先の在籍確認だと職場の人間にばれることはないでしょう。

 

 

プロミスは会社への在籍確認なしでキャッシング審査をしてくれる?

 

プロミスの勤務先への在籍確認の電話は、社名を名乗らないため勤務先の人間にばれないように徹底されています。
しかし、これだけ徹底されているとはいえ会社への電話だけはどうしてもやめてほしい!という人もいるかもしれません。慎重な人なら世の中には絶対ということはないと思い、100%会社にばれないということはないはずだと。勘の良い人、キャッシングの利用者は、たった一回、短時間の電話でもキャッシングの申し込みをしたことに気付いてしまうかもしれません。

 

キャッシングは、無担保で個人の信用だけを元手にしてお金を貸すわけですから、お金を貸して貰える人というのは信用のある人だけに限られます
信用がある人というのはこの場合、きちんと職に就き安定した収入を得ている人のことです。プロミス側は、個人に対して信用があるかないかを判断する材料として勤務先に電話をして在籍確認をおこないます。
ところで、勤務先電話をすること以外に、在籍確認をする方法はないのでしょうか。

 

結論から言えば、方法はあります。

 

プロミスは、勤務先への在籍確認は必ず電話で確認をするのが基本ですが、どうしても電話で難しいときは、本人から事情を聞いた上で、別の方法により会社の在籍確認をする方法もあるのです。
その方法とは、在籍している会社のものだと確認ができる社員証、在籍証明書、社会保険証、直近の給与明細などを、本人に提出してもらうことです。
どうしても勤務先に連絡をしないで欲しいときは、プロミスのスタッフや、オペレーターにその旨を伝えておきましょう。必ず希望通りに行くとは限りません。けれど勤務先への電話を回避できる可能性は出てきます。
この方法では、本来行われるはずだった在籍確認が行われなかったため、契約金額を引き下げられて様子見になってしまう場合もあるようです。

 

 

連絡の取れない音信普通に注意!勤務先に電話があるのは在籍確認だけじゃない?

 

勤務先に電話をかけるケースは、一つめが在籍確認のときです。これで終わりかと思ったら別のケースでも、勤務先に電話がいく可能性があります。
それは、借主本人がプロミスに事前連絡をなにもせず、返済を滞納した場合です。そのときのプロミスの対応というのはは以下のようになります。
本人の携帯電話に電話をかける
メールで通知する
本人の自宅に電話をかける
3つの方法を取ったうえでどうしても本人に連絡が取れない場合に限り、本人の勤め先に電話をするのです。
しかし、やむをえずに上記の手段を取るときも、プロミスのスタッフは、プロミスの名前は出さずに個人名で応対をしてくれるのが嬉しいです。

 

勤務先への在籍確認が終れば審査通過まであと少し!

 

基本的に勤務先への在籍確認は、キャッシング審査の最後の項目になります。申し込みした本人が提出した書類に目を通してから、信用情報を調べ、勤め先の会社で実際に働いているのかを電話で確認して契約が成立するのです。
ところが、在籍確認が上手くいかないケースというのもあります。
たとえば、規模の大きな会社や工場だったり、勤めてまだ日が浅かったりすると、電話に出た人間が借主本人のことを把握して折らず、在籍確認できない場合もあるようです。
このような場合、日を改めて電話をかけたり、電話の代わりに上述の書類を提出してもらうことになります。
もし在籍確認が上手くいかない恐れがある場合は、プロミスのスタッフに確実に自分の在籍確認が取れる内線番号や勤め先の部署の番号を最初から申告しておくのがベストです。

 

余談になりますが、本人が本当に会社に在籍していない場合もあります。大分前に会社を辞めているケース、始めから申告した仕事先になど就職していなかったケースですね。このようなケースは、言う間でもなく最後の審査に落とされてしまいます。
キャッシングの審査に通るコツは、
嘘偽りなく真実を申告すること。金融機関は、キャッシングを申し込んできた顧客の情報を、指定信用情報機関によって調べることができますといいました。したがって、複数の金融機関から借入をしていたり、返済を延滞したことがあったりした過去は、すべてお見通しなのです。
勤務先の在籍も電話でしっかり確認し、それができない場合でも書類を提出してもらうことで確認します。
嘘をついても必ずばれてしまうので、心証が悪くならないように本当のことを申告するように心がけましょう。
それさえ守れば、プロミスは顧客の情報やプライバシーをきちんと守ってくれるので、お金が必要なときに頼りになるキャッシング業者です。